about PLAY ART!
 
多くの方が「絵を描くのは苦手」と仰います。
でも、思い出してみてください。
小さい頃は、絵を描くことが嫌いではなかったのではないですか?
だんだんと成長するうち、いつの頃からか「自分は絵を描くのがヘタだ」と思い込んでしまったのでは…?

でも本当は、アートは物の形をただ写しとることではありません。
本当は、『上手い・下手』なんてないんです。

誰でもみんな、素晴らしいアーティストなのです。
 


PLAY ART! は、感性を刺激する、右脳を活性化させ創造力・発想力をアップするなどの効果で注目されている「臨床美術」を行い、幼児から高齢者まで、幅広い年代にアート制作の場を提供するプロジェクトです。

指導・進行は、日本臨床美術協会認定の臨床美術士が行います。

その枠にとらわれないアート制作の方法は、非常にユニークなもの。
『土に描くアナログ画』 使用材料:黒土、アクリルガッシュ、ベニヤ板


PLAY ART!では、五感のすべてを使ってモチーフや素材、テーマの持つ魅力と向き合います。
視覚だけではなく香りや手触りで、時には実際に試食して味わい、時には音に耳を澄ませ…。

そこから感じる気持ち、色、かたち

それは人それぞれでみんな違います。

感じた気持ちを込めて描いた線や点、混ざり合った色もまた、描いた人それぞれに違った魅力と美しさがあるのです。



『ひまわり』 使用画材:ホイップ粘土、アクリルガッシュ、ダンボール


PLAY ART! では、創る工程を大切にしています。
一人ひとりの魅力をより引き出すための制作工程や素材をじっくりと吟味。
オイルパステル、アクリルガッシュ、透明水彩絵具や粘土といった基本画材に加え、様々な素材を組み合わせてオリジナルカリキュラムを作成します。

道具も、絵筆だけに限りません。

なかには『こんなもので絵が描けるの?!』と驚かれるようなものも。
『板に描くアナログ画』 使用材料:との粉、アクリルガッシュ、杉板



PLAY ART! は、自分自身の手で一つの作品を作り上げるというワクワク感と喜びを味わいながら、参加者のみなさんの自由な創造力が引き出されるように手助けしていきます。

作品制作を通じてひらめきや創造力や自信、意欲を育て、お互いの作品を見ることで新たなコミュニケーションを作り上げていくことがPLAY ART! のねらいです。
『海』 使用材料:ホイップ粘土、アクリルガッシュ、プラスチック板
画材、材料などは、万が一口に入っても安全なものを使用しております。
Get Adobe Flash Player
 ※最新のFlash Playerをダウンロードしてください。 FLASH / HTML
※Windows 95/98/Me/NTをご利用の方はHTML版のページをご覧ください。