シニア
 

PLAY ART! がベースとしている「臨床美術」は
認知症の予防、症状の改善に効果があるとして近年研究が進み、非常に注目、期待されています。
 
何色を使おうか、どこに筆を入れようか…。もっとこうしたい、こうやったらどうなるだろう。

あれこれと思いをめぐらせながら楽しみ、集中してアート制作に取り組むことは、普段とは違う感覚で脳をフル活動・活性化させることになります。
PLAY ART! は脳の体操です。
 


PLAY ART! では参加者の皆さんがいつも新鮮な気持ちでアート制作に取り組めるよう、またアート制作に馴染みのない方でも楽しんで頂けるよう、テーマ・モチーフ・画材・描き方などすべてに工夫を凝らしています。

「どうやったら上手に描けるか」を教えるのではありません。
参加者の方一人ひとりが持つ素晴らしい表現・個性を形にするサポートを致します。


 

始めは「絵なんて描けない」と仰っていた方でも、出来上がったご自分の作品の出来映えにとても満足され、輝くような笑顔を見せてくださいます。

ご自分で創りあげた作品を見ながら、臨床美術士やご家族、お友達、介護スタッフとの会話が弾みます。

「臨床美術」が認知症の改善に効果があるとされるのは制作中の脳活性化だけに限らず、こうして制作を通してご自分に自信を持てたり、周りの方々との会話が増えたりと、活き活きとした気持ちになるということも大きな要因のひとつなのです。
 
Get Adobe Flash Player
 ※最新のFlash Playerをダウンロードしてください。 FLASH / HTML
※Windows 95/98/Me/NTをご利用の方はHTML版のページをご覧ください。